大阪の映像・動画制作プロダクション SHISODO

思創堂(しそうどう)

06-6771-0051

お問い合わせ

専門用語集

  • 大阪市内から半径100kmドローン上空撮影
  • サービスの流れ-:動画撮影や編集の流れをご説明
  • よくあるご質問:撮影や編集でお困りの方へ
  • 広告代理店の方へ:大阪での撮影・取材はおまかせ下さい
  • 結婚式場・プランナーの方へ:年間120件の豊富な実績があります
思創堂
映像・動画制作 - 思創堂
〒543-0054
大阪市天王寺区南河堀町3-7
中西ビル4F
お問い合わせ

クロマキー

”クロマキー”とは?
くろまきー
  • クロマキーとは動画編集の分野で、特定の色情報を持つ領域を透明にして、別の映像を合成する技術のことです。
  • 置き換える領域をキー信号によって抽出するためにクロマキーと呼び、その他にも輝度を信号としたルミナンスキーなど様々な方法があります。映画やテレビなどでクロマキーを使用する場合、背景にブルースクリーンあるいはグリーンスクリーンを置き、撮影後に色情報をキー信号としてCGや別の背景などと入れ替えることで合成が完成します。
  • 古い映画などで運転している車内の映像に、不自然な背景が流れていることがありますが、まさにそれがクロマキーによる合成で、映像分野ではかなり古い時代から使用されていた技術のひとつなのです。当時は光学的に特定の色を置き換えるオプティカル合成を採用しており、コンピュータによるデジタル合成が発達する前まではこれが主流となっていましたが、最近では使われることはほとんどありません。
  • ブルーバックは人間の肌色と補色関係にあることから、肌色への影響が少なく、単純に色の置き換えができるようになっています。被写体にブルーの成分が含まれている場合には、グリーンバックを代替として使用して合成するようになっています。現在でもニュース番組で、背景をブルーバックにした映像が流れることがあるため、見たことのある人も多いかもしれません。この単純な技法は、髪の毛先など細く小さなものでは、解像度の限界によって背景色と前景色が混じり合うことがあります。一昔前までは被写体の輪郭と背景が不自然に合成されるため、問題となっていましたが、近代のコンピュータの進化に伴い、画像処理技術が大きく飛躍しました。
  • 単純なブルーやグリーンの背景色を置き換えるだけでなく、背景と被写体の輪郭の色変化を計算することができるようになったこと、高解像度で処理ができるようになったことによって、透けて見える部分も高い品質で変換することができるようになっています。

専門用語集 一覧画面に戻る